みなさんこんばんは!

 

昨日久々ランニングしました!!

調べてみたら昨年6月から

半年も空いてしまっていました!!!

ショック。。。

 

今年はちゃんとコンスタントに

走ろうと思います!!

 

 

さて。

 

本日は「最近の音楽の仕事って??」

 

についてです。

 

 

みなさんは

音楽を仕事にすると聞いて

まず最初に何を想像しますか???

 

表現としていわゆる

「プロ」というものを想像する方が多いでしょうか。

 

 

最近音楽業界は

形式が多様化してきており

以前のようなプロのスタイルではない方法も

増えてきていると感じます。

 

 

私が考える音楽の仕事とは

 

・アーティストになる(歌手など)

・スタジオミュージシャンになる

・楽曲提供、楽曲プロデュース

・その他音楽制作

・音楽個人レッスン

 

 

これらが昔からある一般的なプロの仕事でしょうか。

現在おそらく増えているのは

 

YOUTUBERになり自らの楽曲の音楽発信

・オンラインによるレッスン業務

YouTubeやその他動画配信などの音楽制作

・歌ってみたなどでYouTubeコンテンツ配信

・スマホゲーム音楽制作

・オンラインサロン運営

 

 

これらが最近仕事として、

もしくは副収入として増えてきている

音楽が絡んだ仕事内容でしょうか。

 

 

注目は

「自己発信」による収益です。

 

YouTubeなどは、

動画の再生回数で収益が増えます。

 

再生回数が増えれば増えるほどよく、

一定以上増えてくれば

それだけでプロとして生活していける人もいます。

 

 

YouTubeの最大のメリットは

「誰でも同じ条件でやれること」

だと思います。

 

動画の内容が面白ければ

誰でも収益を得るチャンスがあるわけです。

 

もしくは

こうしたYouTube絡みの仕事をすること。

 

これらも増えてきていると思っています。

 

 

音楽を仕事にしたい

音楽で収入を得たい

 

そう思う方は、

多様化してきているこれらの方法を

とりあえずやってみるのはでしょうか。

 

やらなければ何も始まりませんからね!!!

 

私も今年は色々動きます。

 

多様化についていけるよう、

コンテンツも充実させていきます!!

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。