みなさんこんばんは!

 

寒さが身にしますねー。

乾燥がきつくなってきており、

唇がカピカピになってきています。笑

 

ギターもおそらくカピカピです。

ちゃんとお手入れしないとですね。

 

 

さて。

 

そんな中流石に限界がきていたギター弦の張り替えをしました。

ギターの弦は通常の使い方だと

2ヶ月程度で錆びてしまいます。

 

響き自体はもっと早くなくなってしまいますが、

練習用であればもう少し持ちます。

 

錆びてきてしまうと

明らかに手触りがざらざらと悪くなり

音もこもってしまうため、

弾いていて不快になってきます。

 

結構ストレスなんですが、

張り替えるのも面倒なので毎回困ります。笑

 

 

今回はアコギ。

 

しっかりと指板とボディを拭き

汚れを落として

オレンジオイルで乾燥防止します。

 

より長持ちするコーティング弦に張り替え完了!

(コーティング弦は長持ちしますが、響は少し微妙です)

 

新しい弦の響きはいいです〜。

 

シャリっとしていて

コードを鳴らすとキラーン!

というイメージです。

 

弾き終わった後は

ポリッシュという布で

しっかりと弦の手垢などを拭き取ります。

 

 

これをしないと

あっという間に弦は錆びます。

 

もしかしたら

私の手が汗かきなので錆びやすいだけかもですが・・笑

 

でもちゃんと弾き終わった時は

1本ずつちゃんとふき取ると

弦寿命は伸びます!

 

 

他のギターも弦の張り替えしなきゃですが

 

なかなかめんどい・・・

また別の日に残りのギターは張り替えします。。

 

 

弦も新しくなったので、

作曲とレッスン頑張りますよ!!!

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。