みなさんこんばんは。

すっかり春になってきましたね!!

もうすぐ桜が咲きそうです。

ここ目黒は目黒川の桜が綺麗なので
早く満開の桜をみたいです。

楽しみです!

 

さて。

 

今回は曲を制作する上で切っても切り離せない関係である

「作曲と編曲」

の違いについてになります。

 

ここ最近は
作曲も編曲も同時に行なっていくパターンも増えましたが
そもそもこれらはどういうものなのか?

簡単にですが違いを見ていきましょう。

 

作曲とは?

皆さんは作曲というとまずなにを想像しますか?

知らない方にとっては
大まかに「曲を作ること!」となりますが

簡単に言えば

「歌のメロディを作ること」

になります。

 

つまり、
あくまで歌がある部分のメロディー、
これを作ることなんです。

それに付随して、

歌メロを作る際は
「コード進行」というものが含まれることが大半です。

コード進行とは、

歌のメロディーに対する和音を繋げたもので、
このコード進行とメロディーの組み合わせが

いわゆる「作曲」となるわけです。

 

・編曲とは?

では編曲とはどういうものなのでしょうか。

編曲とは

既にあるメロディーに対して、

・どういった楽器を使い
・どういうイントロや間奏、アウトロをつけて
・曲全体を構成するか

を取りまとめて曲を形にすることになります。

つまり、
印象的なイントロとかフレーズは

編曲する人が作ってるんですねー。

 

作曲も編曲も

曲を制作する上ではかかせない仕事です。

人の心を動かすような
印象的かつ特徴的なメロディーを作れる人は作曲を

素敵なメロディーを自分の世界で装飾したい人は編曲を

その人に向いている方ができるといいですね!

 

ちなみに私の場合

作曲する
編曲する
色んな楽器を演奏する
最近歌詞も少し書く
レッスンする
機材サポートやステージング…

やってることありすぎて

カテゴリー的にはよくわからないですが。笑笑

 

これらをトータルで

サポートしていくことを

目標としています。

 

その中でも

「作曲と編曲」

には力を入れております。

 

作曲も編曲もとても楽しいです。

ぜひ皆さんも自分の曲を作ったり
簡単にでも編曲してみたり、

音楽を制作する楽しみを味わってみてください!!

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

ありがとうございました。