皆さんこんばんは。

 

とうとう夏を感じさせる暑さになってきました。

真夏と違い
今は気持ちいい気温なので

毎日とても清々しいです!!!!

初夏を感じる曲を作るチャンスですね!!!笑

 

さて今回は            

「音楽の流行サイクル」についてです。

流行には偶然なのか必然なのか、

「サイクル」の法則がみえます。

 

例えば最近のファッションでは

少し前ですが、
80年代〜90年代のデザインや着こなしが流行りました。

単純に年数でみれば
30年程度経過後の再燃ということになります。

このようなことが

音楽でも起こっていると私は考えます。
(あくまで個人的意見です。笑笑)

結構言われていますが

音楽も

10年、20年、30年というような周期で

流行りが訪れたりもします。

 

 

これは完全に全てが再燃するというものではなく、

例えば

・曲調

・エフェクトのかけ方

・ギターの音

・ジャンル

・キーボードの音色

・ドラムの音色

・サウンド全体の雰囲気

 

などなど

ポイントごとにそういうものが現れたりします。

 

 

最近では

 

ジャミロクワイのような曲やサウンドをもつバンドなんかも

出てきたりしていて

 

まさに90年代の再燃のような気がします。

 

30年サイクルですね。

 

個人的には

あいみょんさんの曲が好きですが

 

なんというか

懐かしさを感じるメロディーの感じは

やはり90年代のJPOPを思い出します。

 

少し前には

スネアの音に深いリバーブをかける音も流行りましたが

 

まさにそのサウンドは

80年代サウンドでした。

 

 

このように

 

今風なサウンドや曲調の中に

 

サイクルで過去のテイストが加わり

 

新しい音楽がどんどん生まれてきてたりします。

 

 

作曲や編曲においても、

この感覚がとても重要です。

 

・過去の良いものは残しつつ
・新しいものを取り入れ
更に今サイクルで再燃しているテイストを加える。

 

こんな要素を意識すると

できあがった曲が

耳なじみもよく、

更に新しく聴こえるのではないでしょうか。

 

 

私も日々新しい音楽、

過去の音楽を分析していますが、

 

アーティストによって

テーマとしてる時代感や
加えているエッセンスなど

その捉え方や加え方が異なるため

非常に興味深くおもしろいですよ!!

 

 

皆さんも

曲調、歌い方、ジャンル、楽器の音色など

色々な角度からたくさんの曲をじっくり聴いてみてください。

 

新しい発見が

あるかもですよ!

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

ありがとうございました。