みなさんこんにちは。

 

梅雨で日々ジメジメとしておりますが、

今日は貴重な晴れ。

 

やっぱり太陽が出ていると

体が元気になる感じがします。

 

人間には日光はやはり必要なんでしょうね。

 

貴重な日差しをなるべく浴びたいと思います。笑

 

 

さて、

最近レッスン生徒さんで多いのが

「弾き語り」

をやりたい!

 

という方です。

 

弾き語りとは

何かしらの楽器を弾きながら

基本1人で歌と楽器演奏を行うことです。

 

一人伴奏+歌

 

ということですね。

 

バンド演奏とは違い

一人でいつでもどこでもできるのが魅力です。

 

最近はYouTubeでも

弾き語り配信を行う方も多いですね!

 

そんな弾き語りは主に「ピアノ」か「ギター」を弾きながら

歌うパターンが多いです。

 

弾き語りをするには

 

・楽器演奏ができること(伴奏程度)

・歌が歌えること

 

この2つが必要なのですが、

大事なのは

 

「歌を歌いながら楽器を弾く練習」

 

になります。

 

楽器と歌という2つのことを同時に行うので

頭の中で2つのことを考えながら行うのですが

 

「歌と手のタイミングがずれることが多い」んです。

 

歌のメロディーは不規則なことが多いのですが

楽器の演奏はパターン化したリズムが多くなりやすいです。

 

この2つをリズムにはめながら行うのが

弾き語りの難しいところですね。

 

練習法としては

 

1、ギターもしくはピアノをブラインドでも弾けるようにする

2、歌のメロディを完全に覚える

3、合わせて練習し、リズムがずれているところを言葉と楽器の音符の並びを確認する

 

となりますね。

 

まずは楽器を完全に弾けるようにする。

テレビ見ながら、話しながらでも弾いていられるくらいになると

歌に考えが向くようになります。

 

次に歌。

歌はカラオケなどで歌えるようになればいいですが、

歌詞も覚えていないと最初は厳しいかもしれません。

できれば何も見ずに歌えるようにするといいです。

 

そして両方を合わせる。

こうなった時点で歌と楽器は単体ではできているので

あとは組み合わせたときにできないポイントを練習になります。

 

最近は特に

SNSやYouTubeでの配信が多くなっていますので

弾き語りできると気軽に発信できます。

 

私も弾き語りは好きで

たまにやったりもします。

 

まだまだコツはありますが

ご興味ある方は体験レッスンに遊びに来てくださいね!!

 

それでは今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。