みなさんこんばんは!

 

今日は寒いですねー!!!!

雨が雪に変わるのか心配です。。

 

 

さて本日は

レッスンで起こった指の動きについて。

 

ギターを弾く上で

初心者の方の天敵となるのが

人差し指をがっつりと押さえる

 

「バレーコード」

 

になりますが、

5弦ルートで押さえるバレーコードの場合、

 

人差し指以外の指でも

バレーする必要があったりします。

 

人によりますが、

薬指、もしくは小指で234弦を一気に押さえます。

 

 

 

 

こんな感じになるのですが、

 

この小指や薬指がまあキツイわけです。笑

 

今日のレッスン生の方が

Fのバレーコードは押さえらるようになったので、

 

そろそろ5弦ルートも練習してみることになったのですが、

 

薬指がバレーできないんですね。

 

これはもう慣れるしかないので

しょうがないです。

 

そこで、

試しに指の動きを確認するため、

 

指の第二関節で曲げてみるようにやってもらいました。

 

すると・・・

 

 

できないんです。笑

 

 

どうなんでしょうか。

私はもう慣れているので簡単にできますが

通常はあんまりできないものなのでしょうか。

 

なんどやってもできなかったのですが

 

とある瞬間、

コキっとできました。笑

 

 

 

一回できたらもうできるようになりました!

 

5弦ルートのバレーコードでは、

この指の形ができることが重要です。

 

これができないと

しっかりと弦を押さえられず

音が出てくれません。

 

 

これでこの生徒さんも

5弦ルートのバレーコードが弾けるようになるはずです!笑

 

 

 

バレーコードはギター上達の天敵です。

しかし

練習すれば必ず弾けるようになります!!

 

みなさん諦めずに頑張りましょう!

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。