みなさんこんばんは!

 

世の中は3連休!ということで

休日を楽しんでいますか?

 

明日はレッスンもお休みなので

久々両親に会いに行こうと思います。

 

親子はいつまでたっても親子なんですよね。

 

いくたびに心配されて

何歳になってもその関係は変わらないですね。笑

 

 

 

さて

本日のレッスンで

鼻歌の作曲についてのお話をしました。

 

「鼻歌で色々思いつくけど、それを形にできない」

 

こういう人、多いと思います!!

 

私も作曲は鼻歌が多いです。

 

思いついたらボイスメモに録音して

あとで形にしていきますが、

 

じゃあどうすれば形にできるのでしょうか?

 

形にするために必要なことは

 

・鼻歌を音階にする

・その音階のキーを特定する

・その音階にあったコードをつける

 

ことが必要です。

 

 

・鼻歌を音階にする

 

これは比較的簡単ではないかと思います。

鼻歌に合わせて一音一音鍵盤を押せば(もしくはギターを弾けば)

音階は把握できると思います。

 

 

・その音階のキーを特定する

 

ここですね。

ここでえ?となる方も多いかと思います。これにはいくつかコツがあります。

 

今日のレッスンで、このやり方について説明したところ、鼻歌のメロディからキーを取ることができました。

 

ここは少し音楽理論思考が必要ですが、慣れればできるようになります。

 

やはり、やろうとするかどうか。それが大事ですね。

 

 

・その音階にあったコードをつける

 

キーさえ特定できれば、あとはルールに従って使えるコードを特定します。これも少しだけ音楽理論を理解すれば簡単なことです。

 

その選ばれたコードの中で、自分が想像しているコードを並べていけば自ずとコード進行ができていきます。

 

 

鼻歌での作曲はおそらく、多くの方ができると思います。

問題はそれを曲という形で完成させられるかどうかなんです。

 

せっかく生まれた曲です。

 

せめて形にして完成させてあげたいですよね。

 

そんな話で今日はレッスンも盛り上がりました。笑

 

私もレッスンの中で新たな曲が誕生することは

とっても嬉しいんです。

 

どんな形であれ

曲の誕生に関われることは嬉しいんです。

 

 

そういう話を聞いて

私もまた作曲を頑張ろう。

 

そう思えます。

 

今から作家業の作業をします。

 

初心に帰って

作曲の楽しさを感じながら

曲を作っていきます!!!

 

それでは今日はこの辺で。

 

ありがとうございました。