現代の音楽制作において、作曲方法も多様化し、必ずしも楽器が弾けなくても作曲ができるようになりました。

しかしながら難しい知識や楽器演奏ができなくても作曲ができるということは、そこではない部分が重要になってきます。

作曲においてズバリ重要であり、大切なことは「何かを歌にのせて伝えたい」という気持ちやモチベーションです。

作曲を行うためには、音楽的知識よりも「想像力・創造力」が重要です。

例えば鼻歌でなんとなく気分がいい時に出てきたメロディがあるとします。これが誰かの曲でなければ、それは既に作曲です。

もしくはメロディが出てこなくても、こういう雰囲気の歌を作りたい、こういう景色を音にのせてみたい。そう思うことが作曲では重要になります。

その気持ちさえあれば、あとはいかにしてそれを音楽的に作り上げていくかを知ればいいだけなんです。
もちろん更にクオリティの高い作品を残していくためには、ある程度の楽器演奏や経験が必要となります。

しかしまずは、簡単でもいいので曲を作り自分を表現する喜びを見出していただきたいと思っています。

初めからできる方はいませんので、当レッスンで初心者の方からプロ志望の方までしっかりと学んでいただけます。